社内インタビュー | |株式会社 長崎木材市場|製材所|材木|プレカット

社内インタビュー

チームワークが良い会社です。
私自身も社内と壁をつくらないように心がけています。

代表取締役

吉村 隆

会社の魅力を教えてください

この会社の良い所は、上下関係が他の会社よりも少なく、チームワークが良い所だと思います。
私自身も社員とは壁をつくらないように心がけています。
自分の性格からしても上からものを言うのが得意ではないので。

これは私自身が外に出てお客様と直接やりとりしているから感じるものだと思っています。

ですので、なるべく壁をつくらないようにして社員から話しをしやすい環境づくりをと思っています。
会社にとってプラスになるにはどうすれば良いか、社内で一丸となって協力し、より良い会社づくりになるように努めている会社だと思います。

これからの時代でこの業界はどのようにあるべきですか

時代は移り変わり、苦境に立たされている地方の会社も多く聞きます。
ですが私達の業界は、発展型産業、斜陽産業でもなく、割と自由な業界だと思っています。
木材とは自由な商品です。例えば熊本と日田の木材は乾燥の釜のやり方も違い、ある意味ものすごく幅が広いのです。

住宅の中に木材をどう入れていくかという試みも出てきました。柱の使い方、梁の見せ方とか、角度を変えていくとこれまで以上に木材の使い方が多様化されていきます。

柔軟な考え方を持つ…すると木材はこれからまだまだ伸びていく自由な産業だと思います。

プレカット加工/鳥越、CADオペレーター/梅本

先輩が優しく、福利厚生も充実していて仕事もプライベートも充実できています

まだまだ分からないことが多いですが、先輩が優しい方々ばかりで、仕事のことはもちろん休憩中でもざっくばらんに話をしてくれます。
仕事内容もやりがいがあって、日々成長していける感覚が楽しいです。
また、休日もしっかりあるのでプライベートも充実できており、ここに勤めることができて良かったなと実感しています。

「材木屋さんの目の代わりになる」

色々な材木、より良い製品をお届けしたいという想いから、良い木材を求めて、九州内の各県に仕入れに行きます。
木材の目利きはもちろん、月に3回行われる「セリ」を行い、材木屋さんに木材の特徴や良さを分かっていただいて、購入していただきます。
また、場所によって使用する木材のアドバイスをしたり、より良い木材をお客さんと一緒に考えることもあります。
楽しんで仕事をすることができ、やりがいもとてもあります。また、社内も笑顔が絶えない良い雰囲気です。

営業/徳永、西山、馬場